日蓮辻説法跡 [鎌倉] [観光]  高ヒット  


日蓮が法華経の教えを説いた地

鎌倉時代屋敷町と商家町があり多くの人が行き来していた小町大路に面した一角に「日蓮大士辻説法霊跡」と書かれた石碑と「日蓮腰掛石」と呼ばれる石が並んでいる。
比叡山などで修行を積んだ日蓮上人は建長5年(1253年)鎌倉に入った。住んでいた松葉が谷の草庵から出てきてこの辻に立ち、当時地震、暴風雨、干ばつや疫病が続発したりして不安にかられていた人々を救おうと道行く民衆に法華経の教えを熱心に説いたという。

情報提供:http://homepage2.nifty.com/kamakurasi/"
鎌倉★情報館

スポンサーリンク



 ※写真をクリックすると拡大します。


スポンサーリンク

スポンサーリンク




携帯で見る

                スマホアイコンURLを携帯に送る

 サイト管理者に連絡

このサイトの情報はメンテナンスを行っておりますが、情報が古い可能性がございます。必ずスポット管理者にご連絡の上、お出かけください。
また店舗の閉鎖、引越しなど、「情報の更新」がある場合は「下記の連絡フォーム」でご連絡ください。

 


カテゴリ内ページ移動 ( 103  件):     1 ..  59  60  61  62  63  64  65  .. 103