光照寺 [鎌倉] [観光]  高ヒット  


山門にキリスト教のくるす紋が掲げられている


弘安初期(1279年から1280年頃)創建、一向俊聖上人開山

このお寺の場所は一遍上人が遊行中の弘安5年(1282年)巨福呂坂から鎌倉へ入ろうとしたところ執権北条時宗の一行に出会い警護の武士に鞭で打たれて追い払われやむなく野宿した、一遍上人法難霊場といわれている。
山門(中川藩江戸屋敷の菩提寺東渓院から移築)にはキリスト教の十字の紋(くるす紋)が掲げられていますが、江戸時代には小袋谷近辺にキリシタン伝道所があった為、お寺の近隣に隠れキリシタンが住んでいたようです。

宗派:時宗
本尊:
阿弥陀如来と両脇侍(観音菩薩・勢至菩薩)(市指定文化財)
一遍上人絵巻(国宝、現在は国立博物館に保存)
板碑(市指定文化財)
釈迦如来、薬師如来像、地蔵菩薩像
一遍上人像、一向上人像
キリシタン燭台二基
子育て地蔵

利益:咳(おしゃぶき、咳止めの神様)、子育て
花見:椿、黒ロウバイ、梅、シャクナゲ、萩、レンギョウ、雪柳
写真:小さいお寺ですが隠れた花のお寺として人気があります

※拝観料は無料。駐車場はなく、円覚寺の有料駐車場が便利。

情報提供:http://homepage2.nifty.com/kamakurasi/
鎌倉★情報館
 


スポンサーリンク



 ※写真をクリックすると拡大します。


スポンサーリンク

スポンサーリンク




携帯で見る

                スマホアイコンURLを携帯に送る

 サイト管理者に連絡

このサイトの情報はメンテナンスを行っておりますが、情報が古い可能性がございます。必ずスポット管理者にご連絡の上、お出かけください。
また店舗の閉鎖、引越しなど、「情報の更新」がある場合は「下記の連絡フォーム」でご連絡ください。

 


カテゴリ内ページ移動 ( 103  件):     1 ..  92  93  94  95  96  97  98  .. 103